使用目的別に印鑑の選び方を解説します

印鑑は契約書などの内容を証明したり、確認したという意味合いで使われるものです。日本では盛んに用いられている道具ですので、1人1個は必ず持っておきたいものですが、購入するには印鑑作成の専門業者に依頼するのが一般的です。中にはホームセンターや文房具屋に売られている、量産型の商品で十分使えるものも存在します。選び方は、求める印鑑を使うシーンごとに切り替えるのがおすすめです。全て同じものを買い求めてしまうと、それがきっかけで、トラブルに遭遇してしまう場合があるからです。たくさんの種類がありますが、一般的に使われている種類のものを取り上げ、購入時にどのように選んだらよいのかを考えていきましょう。適切な印鑑を購入すれば、長く使い続けることができます。

実印用は偽造されにくい確かなものを選ぶ

印鑑の中でも実印は、地元の自治体に届け出ることで、届け出た印鑑が確かに本人のものであることを証明します。遺産相続や住宅ローンなどの、重要な取引や契約をするシーンで使われる印鑑に該当します。実印の効力はとても高いですので、世界で1つしか存在しないものを作るべきです。2つ以上存在させないためにも、偽造されにくい複雑なものを作る必要があります。機械掘りだけでなく、手掘りの作業が製造工程の中に入っていると、偽造されにくい印鑑に仕上がります。量産された商品は実印に向きません。長く使えるように、丈夫な印材を選ぶようにしましょう。おすすめは象牙です。耐久性がよく、朱肉がつきやすいため、綺麗な印影になります。象牙が高いと感じるのであれば、水牛を選んでもよいでしょう。

認印ならば安いものでも十分機能する

実印とは違って、認印は普段の生活で使われる、確認用の印鑑になります。例えば、宅配便を受け取ったことを証明するために、伝票に押すのが基本的な認印の務めになります。重要な契約に使われるわけではありませんので、大量生産された安い商品でも構わないといえます。それでも防犯を高めたいのなら、偽造されにくい商品を作ってもらうのも本人の自由です。書体はあまり複雑なものではなく、一般の人が読みやすい書体にするのが基本です。安いもので十分ですが、実印よりも圧倒的に使用頻度が高いものですので、できればある程度丈夫な印材を選びたいところです。欠けたり歪みやすいプラスチック製よりも、木材の方がよいでしょう。薩摩本柘や彩樺であれば、手頃な価格でありながら、丈夫で使いやすくなっています。

認印書体は全12種類から自由にお選びいただけます。 イチオシ商品は印鑑ケース付きでご提供致します! 1~2営業日内で発送対応致します。 営業日14時迄、都内なら最短翌日お届け! 高級革ケース付きのおしゃれ印鑑セットもご用意しております。 高耐久性、男女関わらず高人気度のチタン印鑑を業界内で激安価格で販売しております。 印鑑作成は【はんこプレミアム】へおまかせください