印鑑は実印も含めて通販でも作成できます

宅配便の受け取りや銀行口座の開設時など、多くのシーンで印鑑が使われます。必ず手元に置いておきたい、生活の必需品です。購入するにはお店に向かうようにします。専門店でも構いませんし、ケースの中に大量生産の商品を展示している、文房具店やホームセンターなどで購入しても構いません。使い勝手がよさそうなものを選びましょう。もちろん、自分自身の名字や名前に合ったものを購入する必要があります。証明や確認用として使われる道具ですから、他人の名前が刻まれたものを使うと信用されなかったり、契約できない事態に陥るからです。自分の名字や名前の印鑑がその場に売られていなくても、注文すれば取り寄せてもらったり、オーダーメイドで作成してもらうことができる仕組みになっています。

通販を利用すれば簡単に依頼可能

文房具店やホームセンター、専門店など、実店舗で購入する他に、通販で購入する手段が用意されています。通販の場合、現在ではインターネットを利用した注文がほとんどを占めます。通常のネットショッピングを楽しむように、カートに好みの商品を入れて注文するだけという、とても簡単な仕組みとなっています。注文した後には、自宅に郵送や宅配便を用いて、送り届けてくれます。豊富な書体や印材を選べるようになっており、印鑑本体だけでなく、ケースや朱肉、捺印マットやゴム印のスタンプ台を注文することも可能です。自分で朱肉をつけて使用する一般的な印鑑から、本体にあらかじめ朱肉が詰まっており、押すだけで自動的に捺印できるお手軽な印鑑なども取り扱ってくれていることが多くなっています。

実印や銀行印といった大事な印鑑も楽に作れる

認印のようなお手軽感覚で使える印鑑だけでなく、実印や銀行印などの重要な印鑑であっても、通販で注文を受け付けてくれています。比較的安価な商品の場合だと、機械掘りと手掘りをミックスさせて製造されるものが大半です。偽造されにくいものを作りたいのであれば、手掘りだけで作ってくれる業者を選ぶのがおすすめです。その分だけ価格が高くなりますが、通販の場合だと維持費や人件費などのコストカットがしやすいため、実店舗で注文するより、大幅に価格が安くなっていることが目立ちます。印材や大きさなど、自由に選べるのが魅力です。一生使える印材として、チタンや象牙を選ぶのがおすすめです。ただし、象牙は希少価値が高く、本物の流通が困難であることから、チタンを選びたいところです。