教えて!パーティードレス大特集♪

top > パーティードレスについて > かぶりたくないパーティードレスのポイント

かぶりたくないパーティードレスのポイント

 周りとかぶりたくない、こうした意見は、華やかなパーティーシーンで重要視されています。
パーティードレスで、色かぶりはどうしても避けることは難しいため、デザインで差を付けるのもポイントです。
レースで切り替えたり、胸元に装飾品を身につけているようにビジューがあしらわれていたり、袖やスカートの丈でも印象は様変わりします。
色かぶりに多いのはブラックで、万能さで人気取りしています。
引き締め効果が高いこともあり、体型が気になる女性にもオススメできる色です。
ノースリーブは、手足の長さを強調できる一方、腕の太さが際立ちやすいものですが、ブラックならば引き締め効果でスッキリ魅せることができます。
丈も同様、マキシ丈のパーティードレスは長身の女性に似合う丈ですが、身長が低い女性では、足元に着目し、高さのあるヒールを履くだけでロングドレスも違和感なく着こなせます。
また、片側だけがロング、前はミニ丈で後ろのみがロング丈などの変わったデザイン、形も作られています。

 色かぶり同様に、体型隠しにゆったりしたパーティードレスを選ぶ女性も少なくはありません。
ですが、ゆったりさせることが逆に太って見えることに繋がります。
そのため、気になる部分のデザインに着目することが大事になります。
例えば、お腹周りが気になるならば、リボンやベルトでウエストマークすることでメリハリがつきます。
また、切り替えしのデザインでは、ウエストからの切り替えしではなく、アンダーバスト位置からであれば、目線も上に向き、出っ張ったお腹が気付かれにくくなります。
もちろん、ぽっちゃり体型の女性の多くは、豊満なバストが自慢となります。
出すところ、引っ込めるところ、ここを強調させるだけで体型も綺麗にカバーできます。
逆に、胸元に自信がないならば、胸元を絞っているデザインやたっぷりのフリルなどでカバーできます。

 パーティードレスはデザインでかぶることもありますが、テイストでかぶることが多い傾向です。
キュートやモード、エレガントなどが挙げられます。
また、パーティーに参加する機会というのも、意外に少ないために、ドレスを持っていない女性はワンピースが代用できることも知っておいて損はないかと思います。
フォーマルなスタイルが1着で完成するワンピースは、総レースで仕立ててあるタイプがパーティー向きです。
そうしたワンピースには、フェイクパールやビジューで華やぎをプラスさせるだけで1人だけ浮くことも少なくなります。
また、1枚羽織るだけでフォーマルなスタイルが即完成するのは、ボレロです。
シンプルなワンピースしか持っていない、高価なパーティードレスはいらない、こうした場合にも華やぎある小物をプラスするだけでパーティー向けに早変わりします。

次の記事へ

ページトップへ